カードローンの金利

借金はしないにこした事はありませんが、事業運営費など必要に迫られてカードローンを利用する場合など多々あります。
どうせ利用するなら極力金利が低く返しやすいカードローンを選びたいと思うのが自然な気持ちでして、相変わらず高い支持を得ているのは銀行です。
そこで信販会社も含めて最も安心して返せそうなカードローンを比較してみました。

すると銀行によって金利にばらつきがある事に気づかされました。
これなら銀行にこだわる必要もないのではと思えます。
一例として銀行系の大手カードローンの×××銀行カードは3.0%~17.8%で800万円に適応されますが、信販会社の×××vipローンはもう少し低い金利で同額借りる事ができます。
最高額金利で500万円までしか借りられない△△△銀行カードローンは、月々の支払いが最安値である変わりに返済回数は78回にもおよびます。
最も月ごとの返済額が高額である××vipローンは10回程度で完済できます。

もちろん他に住宅ローンを借りているかどうか、金利割引キャンペーンに参加しているかどうかなどの環境によっても、状況は変わってきますから、いちがいにこうだと決めつける事はできませんが、カードローンの返済回数を決める場合は、こうした様々な返済状況をイメージしてみて、自分が最も楽に返済できると思えるカードを賢く選んだ方が得策だと思えます。
今回はカードローンを上手に使いこなしたいと思っているユーザー向けに、返済回数の決め方に焦点をあててお話します。



【外部リンク】
銀行系のカードローンです。初回の利用は無利子で融資が受けられます ・・・ カードローン 無利子